健康状態を知る方

職員ひとりひとりが、仕事の上で心理的な負担なく働ける様に、本人のみならず上司や人事労務が気にかけ注意をすることが大切です。しかし、ストレスの把握は個人差があり、心の健康状態は表に表れにくく、判断が容易ではないことから、今までも様々な試みがありました。一般的にも定期的にストレスチェックを紙上で行うことなどの方法はありましたが、新たに2015年12月にストレスチェック制度が施行されました。この制度は、以前の方法とは違い、医師または保健士と直接しっかり面談して行う点が大きいです。仕事だけでなく、帰宅後などの日常での健康状態や生活環境などを専門家が直接話すことでわかり辛かった点もカバー出来ます。ストレスチェックを希望する労働者に、企業側がストレスチェックや面談をする機会を与え、検査結果によっては、本人の状況と希望を踏まえ、労働時間や実務内容の変更などを考慮します。自分からは、希望を申し出しにくく、無理して働き、ストレス増加してしまう悪循環を、軽減されることが期待できます。また、自分では気づきにくい健康状態を知る良い機会にもなるでしょう。最近はマイナンバーやストレスチェック制度の実施が義務となり、企業内の変化があります。実務とは直接的には関係ない場合もあるかもしれませんが、ひとりひとりがそれらの制度を知ることで、希望するときには上手に活用出来るように、こまめにセミナーなどを開くことも、職場環境の向上になると思います。