ストレスチェック制度は経営上メリットが多いです。

ストレスチェック制度は、例えば中小企業が実施する場合は費用や時間など大変負担ではありますが、しかしこれによって経営に大いに役立てることができますから、メリットの方が多いと考えられます。
まずこの制度には、「従業員の精神状態が悪くなるのを未然に防ぐ」という効果があります。
調査票には細かく質問が載っていまして、それに答えることによりその従業員本人も気づいていなかったストレスも発見できます。
もし会社が知らない精神的な悩みが悪化した場合、従業員が急に長期に休んでしまったり、退社してしまったりしては経営者にとって大きな痛手です。
それを未然に防げるわけですから、とてもよい制度です。
辞めていく従業員が減ってビジネスの戦略も立てやすくなりますし、不定期に辞める人々が減れば求人も計画的にできます。
次に、「職場環境の改善」につなげられるというメリットもあります。
医師などの実施者は、チェック結果を職場ごとに集団分析して事業所に提供するのですが、それにより工場などの環境を変えることができますし、勤務時間を変更したり、管理職の管理体制を見直したりもできます。
従業員たち自身は以前から気がついていた改善すべき点でも、経営者や管理職には言い出しにくいですし、そもそも、従業員たちも気がついていなかったことも分析結果として出る可能性があります。
但しその場合、従業員に不利益な扱いにならないようにすることが不可欠です。
高ストレスの従業員の労働時間短縮や配置転換といった策を講じるべきですが、ストレスチェック制度によって知った情報で、本人が望まない異動などがないように細心の注意をする必要があります。


このページの先頭へ戻る